• デンタルフロス使用術

    歯間ブラシ

    虫歯の予防や歯周病予防など、口腔内の健康を保つためにデンタルフロスなどを使用して歯間のお手入れを行う必要があります。歯間と歯茎を傷つけないよう、意識しておこなうことが大切です。

  • 使用の頻度

    歯のアピール

    良い歯ブラシを使用して歯磨きを行っても磨き残しが発生してしまいます。デンタルフロスを使用することで歯間の手入れを効果的に行えます。特に就寝前には念入りにケアをする必要があります。

  • 使用上の注意点

    歯を磨く

    デンタルフロスは歯間の汚れを効果的に除去することができます。しかし、正しい使用方法をマスターしなければ効果を十分に得ることができません。まずは正しい方法をしっかりと身に付ける必要があります。

歯医者さんも行ってる

デンタルフロスは日々の歯ブラシは、虫歯を減らし、歯周病などのケアにも繋がるので、とても重要な役割を持っています。

歯を大事にする男性

歯の健康を守ることは健康を守ることにも繋がります。日頃の歯磨きはもちろん、定期的に歯科医院で検診を受けることがとても大切です。しかし、忙しくて中々歯科医院に通うことができない人も多いです。定期的なチェックが行えない場合、もっと細やかな歯のお手入れが必要になってきます。デンタルフロスを常日頃利用している人は意外と少ないですが、デンタルフロスを取り入れて歯のお手入れを行うことで、歯だけではなく口腔内の健康を維持することができます。デンタルフロスとは歯の間の歯垢を清掃するために用いられる細い糸です。歯科医師や歯科関係の職業に就いている人の多くが、デンタルフロスを使用しています。デンタルフロスを使うことで歯垢の除去率が格段にアップします。歯ブラシでは届かない歯の細い隙間も綺麗にすることができるからです。歯ブラシと併用することで、歯垢の除去率は更に上げることができます。また、デンタルフロスは虫歯になりやすい歯と歯の間のケアに特化しています。磨き残した汚れを効果的に除去するため、虫歯の予防と進行遅延に効果が期待できます。

デンタルフロスを適切に使用することで、虫歯の初期症状を発見することができます。自分でセルフチェックを行うことは今までとても難しい作業でしたが、デンタルフロスの登場により簡単なセルフチェックを自分で行うことができるようになりました。歯と歯の間のざらつきやフロスの引っ掛かり、フロスを動かした時の糸のバラけた具合で、虫歯の可能性を探ることができます。また、歯に被せ物や詰め物を行っている人は多いですが、自分の歯にちゃんと適したものかを知ることもできます。詰め物や金属が使用されている歯の間で引っかかりを感じたり、フロス自体が入らない場合は歯に合わなくなっていることが考えられます。そのほかにも、フロスが切れてしまったり糸がバラバラになってしまうなどの状態が続くようなら注意が必要です。新しい被せ物や詰め物に変えるタイミングだと捉えることができるため、歯科医院へも計画的に行くことができます。

トピックス

なぜ必要なのか

歯科医

デンタルフロスは歯間に残ったプラークを除去するのにとても適しています。プラーク中の細菌が原因となる虫歯や歯周病の予防や改善に効果的です。デンタルフロスはすべての人に使用することができます。

もっと読む

フロスの選び方

歯科で治療

歯の健康維持に効果的なデンタルフロスですが、販売されているものだけでも種類が多いです。選択する場合に費用やデザインだけを目安にするのではなく、使用歴に応じ適切なデンタルフロスを購入することが大切です。

もっと読む